さくら認定こども園での子どもの成長

3歳から5歳の育ち

3歳児
ゆり組

《友達と触れ合う楽しさを覚える時期》

 集団生活の中で他者との関わりを通して遊びの楽しさを身体で覚え、ルールを知りながら、お互いを意識し、一人遊びから友達遊びが深まる時期です。

 3歳頃からは「どうして?」という問いかけの時期に入ります。子どもは無意識吸収行動から意識的吸収行動へ移行していくことで物事をより洗練された形で意識し始めます。

 この時に自発性を尊重して、子どもの偉大な可能性を引き出していけるように手助けします。

4歳児
 かえで組

《友達との関わりの中で自己を発揮する時期》

 友達との関わりの中で、遊びを楽しむこと・遊びを工夫することができるようになり、自分の思いを伝え、友達の思いを汲み取ることができるようになります。

 人間関係の原点として、こどもは誰もが、誰かと「共にいる」ことが好きです。友達・先生・そして家族と関わり合って仲良くしながら共にいることは、やがてお互いを活かし合う「共に生きる」に深まっていきます。

5歳児
 しおん組

《力を合わせてながら友達とのつながりを深める時期》

 遊びをや夢をどんどん広げ、園での年長児として自信と活力に充ちた日々を過ごせるようになっていきます。仲良く、共にいることができるようになったお友達と、多くの協同を経験しながら、お互いに尊重しあい、積極的に助け合う心が身についていきます。

 自ら力を合わせる楽しさを知って「共に生きる」喜びを深められるような保育をします。さらに、自発的に周りと関わりを持つことで、話をきちんと聞くことや物事をやり遂げる力など、小学校での学習の生活に必要な基礎能力を身につけていきます。

  • Facebook Social Icon
  • w-facebook

CONNECT​ WITH US:​​

320-0017 Tochigi  Utsunomiya city  tomatsuridai 44

 

ADDRESS

FAX

028-627-7957

028-622-5137

TEL

Mail